レーザー脱毛と光脱毛の相違点

脱毛について考える
レーザー脱毛という技術が目下では脱毛サロンではメインになっていますが、近頃では光脱毛というテクニックがかなりとられるようにもなってきています。

この二つのメインなテクニックでありますが、どれほどの異なる点があるのでしょうか?1 どっちも同じ原理だが、光の強さが違う 普通に、この2つの手法は同じような手段なのではありますが、じつはこの二つにはささやかな相違があります。

光脱毛については、いくつかの波長を含んだ光を広範囲にあてるような手法であるのに対して、レーザー脱毛というのは一つの波長の光を一定の窮屈なところに充てて行う手段です。

 俗に光脱毛のほうが光の強さを弱くレーザー脱毛は光が強めであるのが大きな異なる点です。

2 痛さや影響に大きな異なる点が出てくる この二つの技法でありますが、それ以外に大きな差異があるといわれている点といえばその苦痛や成果の相違です。

俗に光の力が弱い光脱毛のほうが痛さが弱い性質があります。

 レーザーでも苦しみがわりと弱いものもありますが、光脱毛に比べると苦痛は結局光の強さが強い分苦しみを感じやすいです。

 影響については、光脱毛ですと力が弱い分、毛を薄くしたり補修しにくくしたりするような影響までしか望みできないケースも多々あるですが、レーザー脱毛ですと、光の強さにもよりますが、永久脱毛もできるであります。

 同じようなテクニックですが、光の強さによって大きく特性が異なってくるのがこの二つの差異です。