清潔な状態の手で使うことが重要となるノンエーについて

石鹸であるノンエーを使う際は、手を洗ってから使うのが重要になります。

ちなみに、他の石鹸を使う時でも手を洗ってから顔を洗うのが、洗顔を行う際の基本として扱われています。

そのため、洗顔を行う前には手についた菌をしっかり洗い流すことで、顔に手に付いている菌が付着するのを防ぎます。

汚れたままの手で洗顔を行うと、顔に菌が付着することになるので、ノンエーを使ってもニキビが悪化しやすくなります。

そして、ノンエーで洗顔した後は、ぬるま湯で顔についている皮脂や汚れを洗い流します。

この時、湯の温度は体温と同じ温度にすることで、肌が火傷する恐れをなくすことができます。

けれども、湯の温度は自分の肌の状態に合わせて変える必要があるので、オイリー肌の人なら体温よりも少し高めに湯の温度を設定するのがポイントとなります。

なぜなら、オイリー肌の状態なら体温より若干高めの湯の温度にすることで、肌の余分な皮脂を落としやすくなるからです。

しかし、乾燥肌の人は湯の温度を体温より若干低くすることで、肌に必要となる皮脂まで落とさないように温度調整するのがコツになります。

また、洗顔の際に冷水で洗い流すと、皮脂や汚れが毛穴に残ったままの状態になるので、ぬるま湯で毛穴や肌に残るのを防ぐのが重要となります。

ノンエーを使う際は、清潔な手で行うこととぬるま湯で洗顔することがニキビケアの効果を高めるコツになります。

ノンエーの口コミ&評判を確認したい方はこちらから!